金属3dプリンターでどんなものが作れるの

金属3dプリンターでは概念的にはどんな掲示用のモノでも作ることが出来ます。一体物の金型から宇宙船に使うようなパーツ、ハサミなどのちょっとした日用品までありとあらゆるものが作れるといってもいいでしょう。ただ、粉末を塗布して固めるという作り方をするので、土台となる部分を作る必要があり、これから目的の物を取り出すということになるので、ここである程度の制約があることにはなります。ですから、完全にどんな形状でも作れるというわけではありませんが、これまでの金属の加工方法を考えると、何でも作れるといってもいいぐらいに考えたものを作ることが出来るといってもいいでしょう。ただ、考えたものをデータにするという必要性はあります。これは今ではソフトを使用することで簡単に出来ます。

構造的にどんな形状でも作ることが出来る

3dプリンターは構造的にはどんなものも作ることが出来ます。何故なら粉末を塗布して固めるという方法だからです。これまでの金属加工は加工ということばがあることからも分かるように加工をする工具などによってかなりの制限がありました。それを補うために、いくつかの作れる部品を作って組み立てるということが行われていたのです。ですが、金属3dプリンターでは目的の物を一気に作ることが出来ます。概念的には作れないものはないといってもいいでしょう。ただ、塗布をするので、土台となるものが必要です。何もない空間に塗布をすることは出来ません。ですから、モノを作った後で、この土台を外す必要があるわけですが、これによって、作れない形状がないわけではありません。ただ、ほとんどの形状のものを作ることが出来るといってもいいでしょう。

3dデータはソフトで誰でも作れる

金属3dプリンターでは3dデータを作る必要があります。これはソフトで簡単に作れるようにはなっています。そして、このデータを入力すれば後は材料を金属3dプリンターにセットしてスタートボタンを押せば目的の物が作れるようになります。この3dデータはデジタルデータですから、修正が簡単に出来るということにもなります。これを修正することで、ちょっとした変更をすることが出来るので、いろいろなパターンを作るのにも適しています。これまでのモノ作りではちょっとの変更でも加工図面を書き直すということが必要だったりしたのですが、金属3dプリンターではデジタルデータをほんの少し修正するだけで出来てしまうので、こうした作業にも向いているといえます。まさに、工業用として多品種少量生産にうってつけです。