今さら聞けない金属3dプリンターの性能

金属3dプリンターは夢のモノづくりが出来る装置です。これまではまず作る事が不可能であったものが作れるのがこの金属3dプリンターです。このプリンターはこれまでのモノ作りでは当たり前であった加工という概念がありません。そして、組み立てという概念もこれによってなくなります。基本的なイメージはその名の通りにプリンターです。普通のプリンターは二次元の絵を描く装置ですが、これを何度も重ね書きすると、どんどんと立体的になっていきます。そして、やがて三次元の立体となるというのが、この3dプリンターで、金属が使えるようにしたのが、金属3dプリンターというわけです。加工や組み立てなどの工程がないので、一度に作りたいものを作ることができる夢の装置といえるでしょう。

基本的にはどんな形状でも作ることが出来る

金属3dプリンターは基本的にはどんな形状でも作ることが出来るといえます。これはどんな絵でもかくことが出来るように、金属3dプリンターは絵を描いているだけのシンプル構造ですから、どんなものも出来るわけです。ただ、何もない空間に物を作る事は出来ませんので、なにがしかの土台をつくり、その上に目的の物を作ることになります。そして、最後にこの土台を外すということになるので、この工程で作れない形が出来るようなこともありますが、概念的にはどんな形状でも作れるといえるでしょう。従来のモノ作りを考えるのであれば、革命ともいうべきモノ作りの変化、進化ということが出来るでしょう。加工や変形、組みたてなどの工程が不要なので、精度も上がり、同じものを作ることも得意です。

金属も作れるようになり、用途は飛躍的に拡大中

これまでの3dプリンターでは樹脂が主な材料でした。3dプリンターは材料をインクのようなイメージで吹き付けるので、柔らかくて粘着性がある樹脂ぐらいしか使えなくかったのです。ですが、技術の進歩は驚くべきもので、最近では金属でも3dプリンターが使えるようになってきているのです。金属を粉末のような状態にして、吹きかけて絵を描き、焼結させたり、レーザーで焼いたりしてこれを固めるという方法が出来るようになってきたのです。これによって、今ではいろいろな金属で使えるようになり、その用途も飛躍的に拡大しています。何しろ、金属が作れるようになると、産業がまるまる変化するような事態になりますから、これからのモノ作りの中心となる方法となることも考えられる装置なのです。