最新の金属3dプリンターの特徴

金属3dプリンターとはコンピューターで製作された3dデータをもとに金属の立体造形を行うことができる装置のことです。家庭用としては樹脂の立体造形を行う3dプリンターが安価に販売されるようになっていますが、一方で業務用としては金属3dプリンターが本格的に普及するようになっています。最新の金属3dプリンターでは、造形サイズの拡大や使用するレーザーを高出力化することであらゆる素材の造形が可能になっていますし、作業環境を真空とすることで不純物の少ない製品を作ることが可能になっています。また以前は造形に時間が掛かりましたが、高出力化した金属3dプリンターでは短時間での造形が可能で、強度のある金属の造形も可能となっており一点物の製作や量産性に向かい製品の製造などに広く使われるようになっています。

3dプリンターとは。そのメリット

3dプリンターとは、コンピューターで作られたデータを元に立体的に物体を作成することができる装置のことです。3dプリンターで主に作られるのは樹脂製のものが中心でしたが、近年は金属3dプリンターも登場し、金属製の物体も作ることが可能になっています。3dプリンターの用途としては、これまで手作業で作っていたオーダー製品や試作品などを作るさいに広く利用されています。メリットとしては、3dデータをコンピューターで作りそれらをプリンターに送信するだけで自動製作が行われるということです。このため手作りと異なって短期間に作成することができますし3dデータを利用することで金型の作成も容易に行えるので、商品の開発期間の短縮かつ開発・製造コストを削減することができます。

最新の金属3dプリンターの特徴について

これまでの3dプリンターは主に熱で柔らかくなる樹脂を用いて積層して作るというもので、安価に販売されている3dプリンターはこの方式で販売されています。その一方で粉末焼結積層造形と呼ばれる方式があり、この場合には粉末材料に対してレーザーを照射することで、その熱で溶かして焼結させるというものです。樹脂製でも使われる方式ですが、この方式のメリットは素材を選ばないということで金属にも対応しています。金属3dプリンターの方式はこの粉末焼結積層造形によって行われます。流れとしては粉末材料を0.05ミリといった極薄に敷き詰めレーザーの高温で溶かして焼結させていくというものです。1枚目の焼結が終われば、焼結した厚み分だけ下に下がり、さらにレーザーで焼結するといった工程を繰り返すことで立体を作ることが可能です。