金属3dプリンターならではの魅力を解説

金属3dプリンターは形状が複雑でこれまでは加工できなかったようなものや、プロでなければ作れなかったようなものが作れるというのが大きな魅力です。しかも、高精度で何度でも同じものを作れるということと、ちょっとした変更がデータで簡単に出来るというのも大きな魅力です。そのため、趣味で作るような造形物を作るのもいいですし、日曜大工で作るような部品や日用品として使うようなちょっとした部品もこの金属3dプリンターで作ることが出来るというのも大きな魅力です。お店などでは売っていないような特別な形状のものも作ることが出来るので、趣味としても実用的な部品作りでも何でも使えるといってもいいでしょう。データを入力してスタートボタンを押すだけですから、誰でも使えるようになります。

どんな複雑な形状も作ることが出来る

金属3dプリンターでは一枚の絵を描くように粉末材料を塗布していき、この工程を何度も繰り返すことで、絵が立体的に3dとなるようにモノ作りが出来ていくという構造になっています。部品を削るというような加工がありませんから、概念的にはどんな形状の物でも作ることが出来ます。材料を塗布するということになるので、物を載せる土台となる部分が必要となり、これを後で取り外すという工程が必要ではありますが、ほとんどの形状を作ることが出来るといっていいでしょう。ですから、加工が出来ないということで従来の方法では作れないとされていたものが作れるようになったのは大きなメリットです。また、同じものが何度でも作れるというのも大きなメリットです。ボタン一つで人手がかからないというのも大きな魅力です。

精度の高いモノ作りをすることが出来る

モノ作りをすると精度がばらつくというのが基本です。素人と玄人がモノ作りをすれば全然違うものが出来るということになりますし、玄人でも若干のばらつきができるのはどうしようもないところです。これが精度ということになるわけですが、金属3dプリンターではこの精度がとてつもなく優れています。何しろ物を削るという加工方法ではなく、粉末を塗布するということですから、大きな力が加わるわけではなく、静かにモノ作りが出来るようになります。物作りにおいては精度か高いというのは極めて大切なことです。そのため、実験室や研究室で使うようなものを作るにも適しています。樹脂が材料だった時には樹脂製品という限られたモノ作りにしか使えませんでしたが、金属が作れるようになったことで、その用途は大きく拡大したといえるでしょう。